MetaTrader5でTensorflowを使う インストール編

  1. はじめに
  2. Visual Studioのインストール
  3. PATHにPythonのディレクトリを追加する
  4. PythonにMetaTraderをインストール
  5. PythonにKerasをインストール
  6. PythonにTensorflowをインストールする
  7. インストール確認

はじめに

MetaTrader5でAIによるEAを作りたい。勉強のために1から作ってもよいが世に良いライブラリがいくつもあるのでそれを利用する。今回利用したいのはGoogleのTensorflow。TensorflowはPythonから呼び出すのが標準になっているためPythonを利用する。MetaTrader5にもPythonから呼び出せるモジュールがあるため都合がよい。この記事では、MetaTrader5はインストールされている前提でその他のもの(Python, Keras, Tensorflow)をインストールする。

Visual Studioのインストール

PythonにMetaTraderモジュールをインストールするのにコンパイラが必要なためVisual Studioをインストールする。Visual Studioをインストールするときにオプションを設定すると、Python3もインストールできるので一緒にインストールする。この記事を書いているときの最新版であるVisual Studio 2019 Community版をインストールする。
下記の2点は必ずチェックし、あとはお好みでチェックを入れる。
・Python開発
・C++によるデスクトップ開発

PATHにPythonのディレクトリを追加する

Visual StudioにPython開発をチェックしておくと、通常以下のディレクトリにPythonがインストールされる。
C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python37_64
このディレクトリにはPATHが通っていないのでシステム環境変数のPATHに以下の2つを設定する。
・C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python37_64
・C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Shared\Python37_64\Scripts

PythonにMetaTraderをインストール

pipコマンドを利用して、PythonにMetaTraderのモジュールをインストールする。管理者モードでコマンドプロンプトを立ち上げて、以下のコマンドを実行する。必ず管理者モードでコマンドプロンプトを立ち上げること。管理者モードでないと赤色でエラーメッセージが表示される。
> pip install MetaTrader5

PythonにKerasをインストール

PythonにTensorflowのラッパーライブラリであるKerasをインストールする。
MetaTraderをインストールしたときと同様に、管理者モードでコマンドプロンプトを立ち上げ、以下のコマンドを実行する。
> pip install keras

PythonにTensorflowをインストール

PythonにTensorflowの本体をインストールする。今のPCにはNVIDIAのGPUがついていないので、GPU版ではなくCPU版をインストールする。
MetaTraderやKeras同様に管理者モードでコマンドプロンプトを立ち上げ、以下のコマンドを実行する。
>pip install tensorflow

インストール確認

インストールされているか確認するために以下のコマンドを実行する。MetaTrader5, Keras, Tensorflowの行があればOK。
> pip list